MENU

【HSP】繊細さんにおすすめの本6選! HSPの私が紹介する人気の本まとめ

HSP(High Sensitive person)という言葉が知られるようになってきていますが、私自身も本がきっかけで自分の性質に気づいた一人でした。事実を知った瞬間は、どうすればいいかわからない不安とこれまで感じていた違和感が理解された安心感の両方で複雑な気持ちでしたが、対処法を知り、仕事や生き方を変えることで自分らしい毎日を過ごすことができるようになりました。

HSPに関する本は、 HSPについて客観的に詳しく解説してあるものから心が温かくなるものまで、さまざまな本が出版されています。今回は、 「HSPかもしれない」と気づき始めている人、「 HSPと気付いたけれど、どうしていいかわからない人」へ、読んでほしい本をご紹介します。

目次

悩んでいるHSPさんに読んでほしい!前向きになれる本3選

今日も明日も「いいこと」がみつかる「繊細さん」の幸せリスト

繊細さんであることに気づき、悩んでいたところに明るい光を差し伸べてくれたのがこの本でした。気づきすぎて疲れてしまう毎日から、良いことにもたくさん気づいて幸せを感じられる毎日にシフトするためのヒントをくれます。

著者は、 HSP専門カウンセラーの武田友紀さん。カウンセラーとしての多くの経験をもとに書かれていて、説得力があります。

「敏感すぎる人」という意味を持つ HSPという言葉から、親愛の意味を込めて改めて「繊細さん」という呼び名を広められた武田さん。その思いの通り、悩める繊細さんでも、前向きになれる一冊です。

ととも
みけねこ
猫だけど、本当は犬に憧れているみけねこ。飼い主はPCが好き、書くことが好き、デザインが好きでライターからWEBデザイナーになった元薬剤師。書くことの練習2年半ののち、アメブロ半年で250記事書いてインスタも頑張ったらWEBでお仕事ができるようになりました。特技はブラインドタッチ。カフェ巡りが好き、おしゃれが好きな90年代生まれ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくださいね♡
目次